引越しでの液晶テレビの輸送方法

テレビ配送費用

引越しでは処分するもの以外の家具や家電製品を新居に輸送することになりますが、特に注意が必要になるのが液晶テレビです。精密機器なので衝撃に弱いことに加え、画面は非常に傷が付きやすいため細心の注意を払って梱包しなければなりません。

 

最も楽な輸送方法は引越し業者に任せることですが、あまりおすすめできません。その理由として、業者は液晶テレビを運ぶ際に梱包までしてくれる場合もありますが、その際の梱包材は汎用品であり運んでもらいたい液晶テレビにフィットしない可能性があるのです。また、時間が限られる状況で梱包を行うためテレビ台から降ろす際に液晶テレビの画面に直接触れてしまったり、強い力で画面の端を握るなどして故障させてしまうことがあるのです。こうなった場合、引越し先で荷物をある程度片付けて夕食時やリラックスタイムにテレビの電源を入れたときに気付くことになるため引越し業者に連絡して故障を確認してもらうのが翌日以降になるなど二度手間です。そうならないためには、自分で梱包を済ませることが必要になります。

 

自分で液晶テレビの梱包をするときに最適な梱包材は、購入時の段ボールです。購入時の段ボールは液晶テレビにフィットしていることはもちろん、製造工場から店舗までの出荷にも用いられているため頑丈なのです。画面側には空洞が設けられているためスレが発生することもなく、安全に輸送することが可能です。しかし、段ボールは処分してしまっていることが多いため手元にない場合は布団や毛布を活用します。液晶テレビの画面部分にクッション性のあるエアキャップなどを当ててセロテープなどで固定し、そのあとに布団や毛布で全体を覆ってしまうのです。こうすることで外部からの衝撃を吸収することができ、万が一輸送中に落としてしまったという大きなミスがあっても故障する確率が低くなります。荷物のサイズは大きくなってしまいますが、故障させないことを第一に考えるなら試してみるべき輸送方法なのです。

引越しでテレビを運ぶ時の準備と注意点

テレビ配送申し込み

触って見ると分かりますが、従来のブラウン管のテレビの画面は丈夫に造られていましたが、現在の薄型の場合は殆どが液晶画面となっており、ブラウン管に比べると表面は脆く傷がつきやすくなっています。その為、何も気にする事無く引越しで運んでしまうと、新居に行って見てみたら液晶に傷がついていたと言う事も起きやすくなっています。

 

プロにテレビ配送して貰う場合、既にその液晶画面のもろさは十分理解しているため、丁寧に梱包してもらえます。液晶部分にも傷がつかないように毛布や段ボールを当てがって、傷がつかないように工夫されます。勿論トラックで運搬する時も振動で傷がつかないようにしっかりと固定する工夫もなされています。また、より確実に運びたいと言う時に便利なのが、購入時に入っていた箱を利用する方法です。商品に傷がつかないような構造に最初からなっているので、毛布や段ボールなどで液晶画面を保護しなくても運搬できるようになります。

 

ただ、実際にテレビを運搬する時は引越し業者ではなく自分たちで行う事も可能です。しかしこの場合は毛布や段ボールで必ず画面を保護し、さらに立てた状態で運搬します。寝かせた状態にしたり、上に何か物を乗せた状態での運搬はしません。

 

実際にテレビを運ぶ時は業者に依頼する場合は全て業者任せにする事も可能です。ただ運搬の最中にもしかしたら傷がついてしまう事もあるので、実際にはその傷に対して補償を受ける事が出来るかどうかなどを予め確認するようにします。また自分で運ぶ場合は出来るだけ衝撃を与えないようにすることが基本です。毛布や段ボールは勿論の事、緩衝剤などを利用して運ぶようにします。またもともとテレビが入っていた箱が有る場合はそれを利用するようにします。しかし箱を利用したからと言って100%傷がつかないわけではないので、できるだけ丁寧に運びます。現在の薄型テレビは画面に傷がつきやすい構造になっているので、最大限の注意を払って運ぶのが基本です。

引越し後に故障したテレビを不用品買取してもらえますか?

テレビ配送見積り

引越し業者は委託された荷物に紛失や破損などが生じた場合、依頼主に対する賠償に備えて「運送業者貨物賠償責任保険」に加入していることが多いので、引越しが原因でテレビが故障したと特定できる場合は引越し業者に連絡することが必要になります。しかし、別の要因で故障したテレビの場合は、不用品回収業者に連絡すれば引き取ってもらうことができますが、費用については買取になるケースと、逆に回収費用を支払うケースの2通りがあるので注意が必要です。

 

その理由は、多くの不用品回収業者が家電や家具をリサイクルやリユース目的で回収していることによります。テレビは家電リサイクル法の対象家電となっているため、商品価値が高く、まだ使用できるテレビの場合は出張費用や運搬費、家電リサイクル料を差し引いても利益が期待できるため、不用品回収業者によってはいくらかの差額を「買取」という形で支払うことがありますが、古いテレビなど商品価値が低いものの場合は業者自身が処分することになるので、家電リサイクル料金に加えて業者側の利益相当分の合計を請求される可能性があります。その費用は自治体や家電量販店に依頼する額とそれほどの差は無いと考えて良いでしょう。そのため、不用品回収業者を利用する場合は、トラブルを避けるためにも見積もりを必ず取ることが大切となります。

 

中には家電リサイクル料金にも満たない金額で引き取る業者もいますが、法に則った対応を取らずに不法投棄されてしまう可能性があるので注意が必要です。また、不用品回収業者によってはリサイクルショップと提携している業者もいるので、故障した古いテレビでも部品取りとして買取ってくれる場合もあります。インターネットを利用して検索を行えば、業者の実績や口コミなどを参考にすることができるほか、ホームページを開設している業者ならばオンライン見積もりを行っている場合もありますので便利です。業者によって買取価格にも差がありますので、余裕を持って探すことが大切です。

忘れがち 引越し前に契約変更 NHK・ケーブルテレビ・衛星放送 やり方は?

テレビ配送

引越しをするときはつい荷物整理や引越し業者の手配に気を取られてしまいがちになり、転居先で日常生活を送るための準備を忘れがちになってしまいます。電気や水道の手配はしていても、テレビ関係の契約変更は意外と忘れてしまうものなのです。そのまま引越しをしてしまうとしばらくの間はこれまで視聴していた番組を見ることが出来なくなり、毎日の楽しみが失われてしまうのです。テレビ関係の契約変更は一括で行うことが出来ず、これまで契約していた有料放送ごとに行わなければなりません。

 

テレビを所有している限り支払うことが義務となっているNHKの場合は状況によって二通りの手順に分かれます。まず、家族全体で引越すなど世帯の変更を伴わない引越しでは契約変更の手続きを行います。これはNHKのウェブサイトにある手続きサイトから行うことが可能になっています。進学や就職によって新たに一人暮らしを始めるなど世帯が変更される引越しでは契約変更ではなく新規契約の手続きが必要になるのです。これはNHKの契約が個人ではなく世帯ごとに行われているためです。

 

ケーブルテレビの場合は個人の契約なので契約変更手続きが必要になります。これもウェブサイトから行えることが多いですが、事前に引越し先の住所でもサービスが供給されていることを確認しておきましょう。手続き中に新居の郵便番号を入力することがあり、その際にサービスが供給されていない地域だということが判明すると視聴することが出来なくなってしまいます。その場合は解約の手続きを行わなければなりません。衛星放送はアンテナの設置を伴うため引越し前の早い段階で手続きをしておくことが大切です。手続きはウェブサイトや電話で行うことができ、加入者であれば多くの衛星放送サービスで出張料金が無料になります。引越しが済んだらすぐにアンテナの設置を行ってもらえるように訪問日時を調整しておくとスムーズに視聴環境が整います。